【ブログ】The Tourist:4 【江ノ島編】

ちょっとばかし江ノ島に顔出していました。

1年ぶりに来ました。やっぱり夏は江ノ島ですね~(9月!海の家もない!何故だ!)

曇ってはいますが開放感あって本気のチルアウトが出来ます。

て事で、行ったこと無かったんですが新江ノ島水族館に行きました。

オープニング早々、相模湾の荒波にもがく子フグにエンカウント。

なんちゅーリアリティ。

何度も波に流されながらも必死に海面に上がってくるところが可愛い。


どうやら新江ノ島水族館ってコンセプト重視の水族館らしく、至る所に江ノ島周辺の海洋環境を再現した水槽が並んでいるのです。

特にやたら強調してピックアップされていたのはクラゲ。約30種類のクラゲを展示しているそうです。

時間の関係で見れませんでしたが、クラゲのプロジェクションマッピング・ショーなるものもあり、クラゲだけで1日使って楽しめそう。

こんな綺麗な、ウットリするようなのもいれば

群れてカパカパ開く可愛いのもいて。

猛毒ガー!って言われる事が多いですから近寄り難いイメージがありましたが、

こんなにも愛らしいと浜辺に落ちてたら拾い上げて頬ずりしてしまいそうです(※絶対にやらないでください!)

定番のミズクラゲもいますよ!

あんまり撮ってないけど、本当に沢山の種類のクラゲがいるんですよ。英語でジェリーフィッシュなんて言いますが、的確な表現だと思います。


(ここで、関係ないけど箸休めにJELLYFiSH FLOWER'Sの名曲貼ります)

新江ノ島水族館て、海遊館とか海響館とかみたいなタテに大きい水族館ではないので、どちらかというと手のひらサイズ、大きくても人間大前後の生き物が多く、どれも可愛いものに溢れていました。

ファインディング・ニモでお馴染み、定番中の定番カクレクマノミ

不思議な魚タツノオトシゴ

トランスルーセント。内蔵以外透明なやつ。刺身にしたらどうなるんだろう?あと、焼いたらちゃんと白くなるのか?

あとこれ。ダンゴウオ。僕の推しです。この一個一個の岩みたいなのが魚です!手前の水槽の壁に引っ付いてるのもダンゴウオ。針でつついたら破裂しそうな風貌。

ちょうど新江ノ島水族館で個人撮影された方がいらっしゃいました。こんな感じです(勝手に拝借スミマセン!)

死ぬときは沢山のダンゴウオに囲まれるのもいいかもな~


他にも、カピバラ、カワウソ、ペンギン等

ヨシヨシしたくなるような生き物が沢山。

ウミガメもいました。産卵スペースなるものも用意されており彼らにとっても生活し易い環境になっている模様。

鵠沼海岸がそばにあるので眺めてきました。最高のロケーションやんけ!

天気悪いなホンマ!

東京豊洲の海もいいけど、広々とした海洋を感じる時が、一番心安らぐひと時ですね。

水族館も、海も、また来たいなあ。

次はレゲエ調の曲書くかも(笑)目指すはフィッシュマンズ!



久々にマッタリしたので今日から気を引き締めて活動再開です。

COMPUTERKIDS、ライブが10月に3つございます!そして音源の発表もありますので

要チェックですよ!!


観るのじゃ!

0コメント

  • 1000 / 1000